三井物産ビジネスパートナーズ株式会社Recruit2018

人事サポート

人事サポートイメージ

三井物産社員の給与・賞与・社会保険、その他福利厚生関連実務を担います。
高い専門性と豊富な業務経験ノウハウの集約・蓄積を活かして、より信頼度の高いサービスの安定的な提供と、三井物産の効果的な事務合理化に貢献しています。

膨大な人事データに基づく迅速かつ正確な運用で、万一のミスも許されない給与支払い業務を支えています。人事サポート事業部 金親 直樹 膨大な人事データに基づく迅速かつ正確な運用で、万一のミスも許されない給与支払い業務を支えています。人事サポート事業部 金親 直樹

三井物産の約6,500人の社員とその家族の生活を支えるため、毎月遅滞なく給料は支払われています。もちろんその額に誤りはありません。ごく当たり前のようなこの事実に貢献するために、私たち人事サポート事業部のメンバーは人事の基幹システムの運用によって膨大な人事データを処理し、給与支払い業務を行っています。
また、三井物産は大きな組織ですから社員の異動・転勤は頻繁ですし、人事制度も変更されます。それらに的確に対応しつつ、迅速かつ正確な運用を行っています。さらには業務改善につながるソリューション提案も求められており、あるときは先方の担当者から「あなたに任せておけば安心だ」との言葉をいただきました。日々正確な業務を積み重ねつつ、自ら考えて提案・実行することに取り組んできた結果が、そうした信頼につながったのだと思います。
現在私はチームリーダーを務めており、業務の品質向上、メンバーのスキルアップに取り組んでいます。“これでいい”という終わりのないテーマだけに、やればやるほど、難しさを感じずにはいられません。私自身のマネジメント能力を高め、チーム全体の成長を図っていきたいと考えています。

仕事風景写真

Interview

入社の動機を教えてください。
社会福祉を専攻していたことに加え、学生時代に親しくさせていただいた先輩が当社で活躍していたこともあり、私も入社を決めました。
会社の魅力は何ですか。
三井物産の子会社という安定感が一番の魅力です。また、営利を追求することが目的の会社ではないため、売上等の数字に追われることがなく、地に足をつけ、じっくり仕事に取り組めます。
今後チャレンジしたいことは何ですか。
少年野球チームのコーチを始めました。小学生に教えることの難しさと面白さを感じています。強くて魅力あるチームに育てていくことが私のチャレンジ目標です。
オフタイムの過ごし方を教えてください。
休日は、息子と一緒にその少年野球チームで汗を流しています。平日は週に一度くらいのペースで先輩と飲みに行き、仕事の相談に乗ってもらっています。

Time Schedule

09:00
出社

メールの確認及び夜間にシステム処理されているデータにエラーがないかログの確認。

10:00
会議

システム変更に伴い、外部のシステム会社と仕様検討の定例会議を行います。

12:00
ランチ
13:00
デスクワーク

伝票・各種書類の確認を行います。また、電話やメールでの問い合わせに対応します。

15:00
チームリーダー会議

5つのチームのリーダーが集まり、部長を交えて、定例の会議を行います。

16:30
資料作成

翌日の会議に向けて、資料を作成します。

17:30
退社