三井物産ビジネスパートナーズ株式会社Recruit2018

ドキュメントサービス

ドキュメントサービスイメージ

三井物産のドキュメントサービスセンターとして、ビジネスシーンで必需品の名刺や転勤時の挨拶状の印刷、会議資料のプリントやコピー、帳票類のスキャニング、製本、スタンプ印の作成など、三井物産及びグループ会社にドキュメント類に関するサービスを提供しています。
きめ細かく、質の高いサービスが特徴です。

多様なドキュメントの印刷・作成を通じてお客様の「ありがとう」に応えていきます。ドキュメントサービス事業部 矢竹 敏子 多様なドキュメントの印刷・作成を通じてお客様の「ありがとう」に応えていきます。ドキュメントサービス事業部 矢竹 敏子

ビジネスの最前線では膨大な量の多種多様な書類が必要です。例えば会議資料やプレゼン資料でも、時には数百部もコピーしなくてはなりません。そうした時に業務を代行するのが、ドキュメントサービスセンター。
私はその受付としてお客様のご相談を承り、最適な手配を行っています。最近では三井物産ビルのオフィス建て替えに伴う仮移転の際、挨拶状を作成したことが印象に残っています。
三井物産の担当者や印刷業者、宛名筆耕業者など、多くの方々と綿密な打ち合わせを重ね、万一のミスもないよう、緊張しながら仕事を進めました。大きな問題もなく無事に発送が終わったときは、ホッとしたものでした。
もちろん日々の仕事でも、ミスは許されません。正確かつ迅速にご要望にお応えしたときにいただく「ありがとう」の一言が私の大きなやりがいです。
小さくても、そんな毎日の「ありがとう」の積み重ねが、この仕事の喜びなのです。
お客様の信頼に応えられるよう、常に相手の立場に立ってご相談を受け、時にはプラスαの提案も行いながら、さらにサービスの品質を高めていきたいと思います。

仕事風景写真

Interview

入社の動機を教えてください。
前職が小さな会社でしたので、大きな会社で大勢の人と関わる仕事がしたいと考えて、入社しました。たくさんの人からたくさんの刺激を受け、学んでいきたいと思いました。
会社の魅力は何ですか。
福利厚生制度が大変に充実しています。現在私は子育て中ですが、産休・育休に加え、時短勤務制度も6年間(小学校就学前まで)という長期間にわたって利用できます。もちろん形だけのものでなく、実際に期間一杯利用するケースがほとんど。ワークライフバランスが充実していて、女性が長く働ける会社だと感じています。
今後チャレンジしたいことは何ですか。
海外店から名刺の印刷を依頼されることも多く、総合商社の子会社の社員としては英語の力をつけていきたいと考えています。
オフタイムの過ごし方を教えてください。
休日は2歳の息子と出かけるのが何よりの楽しみです。今は近場が多いですが、そろそろテーマパークなどにも挑戦したいと思います。

Time Schedule

09:15
出社、受付業務

メールチェック後、カウンターにて、ドキュメントサービスの受付を行います。また、電話でのお問い合わせにも対応します。

12:00
ランチ
13:00
受付業務

引き続き受付業務を行います。外部業者に委託するものは、発注書を作成します。

14:00
打ち合わせ

部内でのミーティングに参加します。

16:30
退社

時短勤務のため先に退社する私を、職場のみんなは快く送り出してくれます。その足で私は保育園まで息子を迎えに行きます。